ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

Martin Custom Shop D-42K2 オールコア ハイドグルー(後編: 弾いて楽しむ)

(前回からの続きです) こと見た目だけで言えば、以前カタログラインナップに存在していたMartin D-42K2と区別がつかない今回のMartin Custom Shop D-42K2。 しかし、実はこのマーティンカスタムショップ製のD-42K2には大きな秘密が隠されています。それは…

Martin Custom Shop D-42K2 オールコア ハイドグルー(前編: 見て楽しむ)

マーティンナザレスファクトリーでのワタナベ楽器さんによるオーダーから約1年の期間を経て、この6月にやってきたこのかわい子ちゃん。 Martin Custom Shop D-42K2 (2019) 購入までの経緯は、既にこちらの連載記事に記していますが… blog.punguitars.com 遅…

はじめてのNachoGuitars(⑤1954年製 Fender Telecaster vs. Nachoguitars)

(前回からの続きです) レリック加工の仕上がりがあまりに素晴らしくて、ついつい見た目ばかりを話題にしてしまいますが、そろそろNachoguitarsのサウンドについて記していこうと思います。 ※ Nachoguitars Blackguard (2018) 使用機材は、どちらもジュリア…

はじめてのNachoGuitars(④おたく心を鷲掴みにするギター)

(前回からの続きです) ヨーロッパからの直輸入で遂に届いた、はじめてのNachoguitars。 誇らしげなNachoguitarsのプレートが奢られたツィードケースを開けますと… 遂にあこがれのNachoguitarsとご対面! いやぁ、これぞまさしく “やっと会えたね by 辻仁成…

はじめてのNachoGuitars(③2年越しの恋、実ります…♡)

(前回からの続きです) 幻のピックアップとも言われているRon Ellis Pickups(ロン・エリス)。その中でもさらに、いつの日か試してみたいと密かに想い続けていたジュリアン・ラージ仕様テレキャスター用PUセットを、たまたま幸運にも手に入れることができ…

はじめてのNachoGuitars(②阿鼻叫喚のハンドメイドピックアップ -Ron Ellis pickups / ロン・エリス)

(前回からの続きです) 前回記事の最後にご紹介した、たぶん日本初上陸で三木楽器 梅田店さんに入荷したNachoguitarsのうちの1本が、あっという間に商談中になってました…(2019/8/2現在)。 ヴィンテージレプリカとはいえ、Nachoguitarsにはドラマも浪漫…

はじめてのNachoGuitars(①エイジド加工が細かすぎて伝わらないブラックガードテレキャスター)

NachoGuitars(ナチョギターズ)という聞き慣れない名前に初めて触れたのは、約2年前、2017年10月のこの記事でした。 blog.punguitars.com スペインで製造されているこの風格たっぷりのソリッドギターを僕が知るに至ったのは、ジュリアン・ラージがこのギタ…

ジェフ・トラゴットから学ぶ 楽しいスプルース選び 〜ジャーマン or アディロンダック〜【後編】

前回からの続きです。 左: Jeff Traugott Model R (アディロン & ブラジリアン、2016年9月完成) 右: Jeff Traugott Model R (ジャーマン & ブラジリアン、2018年4月完成) この2本のギターを研究対象として、大抵の場合アップチャージ対象のオプションと…

ジェフ・トラゴットから学ぶ 楽しいスプルース選び 〜ジャーマン or アディロンダック〜【前編】

5月中旬に開催された東京ハンドクラフトギターフェスにあわせて、先日荻野さんの公式ホームページ上で発表されたOgino Guitarsの新作 “OM3.0”を弾かせていただく機会を頂戴しました。 →OGINO GUITARS公式ページでの発表はこちら OM”Rose”ジャーマンスプルー…

1941年製 Martin 000-18 -オリジナルヴィンテージWaverly化計画-

昨年、新たに手に入れた1953年製 Fender Telecasterに、イタリアから取り寄せたオリジナルのヴィンテージピックガードに換装する遊びを通じて、そのワクワク体験にすっかり味をしめたぷんさん。 blog.punguitars.com 今回は、手持ちの1941年製 Martin 000-18…

はじめてのMartin 40番台(④ Martin D-42K2 ハイドグルー/ニカワ接着どうでしょう?)

前回からの続きです。 唐突ですが…そうなんです。 今回『歌いたくなるマーティン』をテーマに、ボクのはじめてのMartin 40番台としてお迎えしたのは… Martin CTM D-42K2 Hide Glue Complete 日本でカスタムショップ製マーティンの素晴らしさを拡めに拡めまく…

はじめてのMartin 40番台(③ 材選定はいつだってドラマチック)

前回からの続きです。 個人ルシアーなどにギターをオーダーする楽しみの1つに、『材選定』がありますよね。特にローズウッドやコアなど、杢目に個性のある材を使用する場合は、せっかくなら、サウンドだけでなく見た目にもこだわりたいと思いますよね。 か…