ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

ギター個人輸入

【完結編】もっとトラゴット(矢後さん弾いた!ジェフ喜んだ!)

前回からの続き。 無事に日本にやってきた僕のトラゴット2号機。…と思いきや、サウンドホール内部に不思議なヘンテコ物体を発見したところまでは前回お伝えした通りですが… これ、なんだかわかった方いらっしゃいましたかね? 売主に確認したところ、これで…

もっとトラゴット(後編: 東南アジアからの物体X)

前回からの続き。 Instagram上で不意に売りに出たアディロンTOPのTraugott Model Rですが、販売元のお店はなんと、東南アジアのとある国にありました。 東南アジア諸国からの個人輸入といえば・・・ そうか、オリジナルブラックガードテレキャスターの購入準…

もっとトラゴット(中編: このギターはロマンでできています)

前回からの続き。 Instagramで見つけた1枚の写真。 これはもしや・・・ 2016年末〜2017年半ば頃にドルフィンギターズさんに在庫していた、古川さんの素晴らしい試奏動画も聴けるあのアディロントップのJeff Traugott Model R!? この写真のギター、見覚えの…

もっとトラゴット(前編: ジャーマン vs. アディロン)

2018年も残すところあと2日という年の瀬に、唐突に始まる新連載『もっとトラゴット』。 あまりに安直すぎるこのタイトル、『もっと●●』シリーズ。果たして、すっかり当ブログの名物企画となった『はじめての●●』シリーズに続く新たな定番シリーズ物の誕生な…

1953 Fender Telecaster オリジナルブラックガード【ジュリアン・ラージ来日記念】(後編)

前回、さまざまな観点からのセルフチェックの末・・・ ホンモノの1953年製のオリジナルテレキャスターであろうという判断に至ったこのギター。 そもそもこのギター。 ジュリアン・ラージ所有の1954年製テレキャスターと同じFiesta Finishes社によるリフィニ…

1953 Fender Telecaster オリジナルブラックガード【ジュリアン・ラージ来日記念】(中編)

前回からの続きで、 さっそく1953年製 Fender Telecaster(らしきもの)をせっせと分解していきます。 およそ一年前に、同じく1954年製 Fender Telecaster を購入した際の経験が活かされる時が、遂にやってきたのです。blog.punguitars.com 逆にいえば、一年…

1953 Fender Telecaster オリジナルブラックガード【ジュリアン・ラージ来日記念】(前編)

来日がいよいよ迫ってきたJulian Lage(ジュリアン・ラージ)。 昨年秋の来日時はクリス・エルドリッジとのアコースティック・デュオとしての来日で、そりゃもうおったまげなライブをどっぷり堪能させてもらいましたが・・・ blog.punguitars.com 今回は今年…

はじめてのアーチトップ(⑦京の都にロイ・スメックはん)

1933年にこの世に生を受けてから85年。 これまでアメリカ大陸から一度たりとも出たことのないロイ・スメックのGibson L-5にとって初めての海外となるここ東京に、なんとか無事に到着したのも束の間… いますぐ京都に行きたい! …と言い出したロイ・スメックは…

はじめてのアーチトップ(⑥ハカランダ似のなんの変哲もない木片を個人輸入)

そんなこんなで、Roy Smeck氏がGibson社に個人オーダーしたと言われている1933年製 L-5をアメリカから個人輸入する一大決心をした僕。 この1年くらいで、1941年製 Martin 000-18やら、Jeff Traugott やら、それなりに高価なギターを数本アメリカから個人輸入…

【完結編】はじめてのトラゴット / Jeff Traugott Guitars

無事に届きました! (涙) …というか正しくは、今回の配送業者のウェブのトラッキングシステムで、最寄りの配送拠点 兼 営業拠点にこのギターが入庫したこと確認するやいなや、自ら車を走らせて、そこまでお迎えに行ったのでした…。 だってぇぇ…… 当日の朝…

海外からの個人輸入あるある 〜ギター ハードケースが2個届いたワケ〜

いまや、気に入ったものはなんでもネットで簡単に取り寄せられる時代。 必要とあらば海外から直接個人輸入することだって、カタコト程度の英語力さえあれば、さほどハードルは高くないですね。 実際ギターに関して言えば、ギター本体だろうと、アンプやらエ…

海外からのギター個人輸入の記録 〜 関税、消費税とかも 〜

前回の記事にて、途中の紆余曲折も経て、なんとかようやく完結した連載ブログ『続・はじめてのMartin』。 Martin 000-18 (1941年製) 今回、はじめて海外のショップからギターを取り寄せる、それも本来であれば個体ごとにコンディションも大きく異なるし、…

【完結編】続・はじめてのMartin 〜やっぱり胸熱シンクロニシティ〜

改めて、今回、僕のギターの師、先生としてお招きすることになったギターを簡単にご紹介。 ■ 1941年製 Martin 000-18 Top: アディロンダックスプルース Sides & Back: マホガニー Neck: マホガニー Finger Board: ブラジリアンローズウッド Bridge: ブラジリ…