ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

Fender Telecaster

1953 Fender Telecaster オリジナルブラックガード【ジュリアン・ラージ来日記念】(前編)

来日がいよいよ迫ってきたJulian Lage(ジュリアン・ラージ)。 昨年秋の来日時はクリス・エルドリッジとのアコースティック・デュオとしての来日で、そりゃもうおったまげなライブをどっぷり堪能させてもらいましたが・・・ blog.punguitars.com 今回は今年…

ASK価格のギターに挑む(後編) - 1954年製 Fender Telecaster オリジナルブラックガード -

2冊のテレキャスター本の知識を慌ただしく頭の中に叩き込んで、いざヴィンテージギターショップへ突撃! …となる今回の記事ですが、 最初にお伝えしておきます。 エレキギターのヴィンテージショップ界隈。 ある程度予想はしていたものの、それはもうほんと…

ASK価格のギターに挑む(中編) - 1954年製 Fender Telecaster オリジナルブラックガード -

僕が初めて買ったヴィンテージギターは、1941年製 Martin 000-18です。 そしてこのMartin 000-18、初めて手に入れるヴィンテージギターなのに、実物も確認せずに、無謀にも海外ショップから個人輸入するという暴挙に出たわけですが… 様々な幸運にも恵まれて…

ASK価格のギターに挑む(前編) - 1954年製 Fender Telecaster オリジナルブラックガード -

ハードケースが主役だった前回の記事で、脇役としてちょっこり初登場した1954年製 Fender Telecaster、通称ブラックガード。 ▪️Fender Telecaster (1954年製) Body: 1ピース アッシュ Neck/Finger Board: 1ピース メイプル ギターの状態は、ナット交換、フ…

海外からの個人輸入あるある 〜ギター ハードケースが2個届いたワケ〜

いまや、気に入ったものはなんでもネットで簡単に取り寄せられる時代。 必要とあらば海外から直接個人輸入することだって、カタコト程度の英語力さえあれば、さほどハードルは高くないですね。 実際ギターに関して言えば、ギター本体だろうと、アンプやらエ…

初めて聴いたその瞬間に殿堂入り Julian Lage / ジュリアン・ラージ

突然に現れました。 あくまで僕の個人的趣味嗜好によってセレクトされる『ぷんスーザン殿堂』。 そんな誉れ高いセレクションに、こともあろうか、初めて聴いたその瞬間に殿堂入り確定してしまうほどの魅力を持つ彼は、それはそれは突然に現れたのでした。 ち…