ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

Martin Authentic

嗚呼!マダガスカル

いま、こんなことが起きているようです。 フォルヒの社長さん曰く、 『良質なマダガスカルローズウッドはいつ入るかわからず、正確な納期は答えられない』 …と。 →こちらのブログ記事からの情報です。 コリングスを取り扱われている3つの国内有名ギターショ…

続・はじめてのMartin(友達以上〜恋人未満)

僕にとって理想的な2本目マーティンを探す旅。 前回に続いて、面倒くさい僕の悪癖でもあるクリティカル・シンキング(自己批判的思考法)を、今もなお有力候補として君臨し続ける Martin 000-42 Authentic 1939 を対象に、引き続き進めてみる。 さて、今回の…

続・はじめてのMartin(OM vs 000に悩む)

2本目マーティンの候補として、依然として僕の頭の中で燦然と輝き続ける Martin 000-42 Authentic 1939。 Martin 000-42 Authentic 1939 Top: アディロンダックスプルース Back & Sides: マダガスカルローズウッド(VTS) Price: 約195万円也(税込み実売価…

続・はじめてのMartin(古材化処理VTSに想うこと(後編))

僕がこの連載ブログ『続・はじめてのMartin』を始めようと思ったきっかけは、既にご紹介済みの“00-18 Authentic 1931”と“000-42 Authentic 1939” という2種類のオーセンティックモデルが共に素晴らしく印象的であったが故に、昨年春に僕にとってのはじめての…

続・はじめてのMartin(これが究極の音というものか)

とうとう禁断の大地、マーティン40番台の世界へ足を踏み入れてしまった僕。 これまでほとんど興味の対象としていなかったので、どんなギターがあって、それがどんな音色がするのか、正直いって右も左も分からない。それならとりあえずということで、まずは40…

続・はじめてのMartin(禁断の40番台の大地へ)

どちらかというと、見た目はシンプルな方が好みの僕は、マーティン40番台にはこれまでほとんど興味を持っていなかった。 また音色的にも、聴きかじった程度ではあるが、キラキラしてて、油断するとぽわーんとした感動に包まれたまま危うく洗脳されてしまいそ…

続・はじめてのMartin (マホガニーの覚醒)

今年の春にMartin D-28 Authentic1941 を手に入れてからというもの、公私ともになんだかんだと忙しかったのもあるが、新たにどうしてもこのギターが欲しい!と思うようなことはなかった。 とはいえ相変わらず、寝る前などの時間を使って、ギター関連のサイト…

ブログ新章始動 -2本目のMartinいっちゃうのか?-

最近、悩みがある。気になる子が、同時にふたりもできてしまったのだ。 ・・・なお、言うまでもないがこれは、今年飽きるほど聞かされたゲスなんとか系の話ではなく、当然ギターの話である。Martinである。 今年の春に、幾多の苦難を乗り越えてようやく手に…

Martin D-28 Authentic 1941のお腹に潜入

今日は、はじめてのマーティンの弦交換。 指板を拭き拭きクリーニングしたら、フレットのキワが結構汚れていたよ! そんでもって、レモンオイルで保湿中。 はじめてついでのお約束ということで、サウンドホール内部の様子をいくつか。 まずネックブロックに…

Martin D-28 Authentic 1941 (non-VTS) -後編-

さて、前回は写真中心の見た目編でしたが、今回は肝心の弾き心地、音色編。 ◎弾き心地 手に取ってみて何より先に感じるのは、とにかく左手のフィンガリングが楽。 D-28 Authentic 1941のネック幅は、ナット部で42.9mm、サドル部で54.5mm。ちなみに、愛用して…

Martin D-28 Authentic 1941 (non-VTS) -前編-

Martin ドレッドノート生誕100周年にかこつけて、僕が幾多の試練(?)を乗り越えて辿り着いた『はじめてのMartin』、D-28 Authentic 1941 non-VTS仕様 (2014年製)をご紹介。 『はじめましてこんにちは!』 今回購入に至るまでに大変お世話になった三木楽…

はじめてのMartin 【完結編】 〜シンクロニシティ〜

アコースティックギターというのは、いろいろな意味でなかなか奥が深い。 『演奏する』という観点での奥深さは、初心者の僕が語れることではないのでどなたか達人にお譲りするとして、『気に入った個体を選ぶ』という観点では、今回の『はじめてのMartinを探…

はじめてのMartin(⑦試練の誘惑 編(2/2))

前回の記事に書いた通り、一通りの自己検証作業を通じて、 Martin D-28 Authentic 1941 (non-VTS仕様) を大阪M店の店員Uさんから購入することで、僕の心はほぼ決まりかけていた頃。 話は少し逸れるが・・・ 当ブログにこれまで何度か暖かなコメントをいただ…

はじめてのMartin(⑥試練の誘惑 編 (1/2))

凄い店員さんと、素晴らしいコンディションのD-28 Authentic 1941の登場により、約3ヶ月に及ぶ『はじめてのMartin』を探す旅も結末を迎えるかと思いきや。。。 このタイミングで、約20年に及ぶ社会人経験を通じて否応なく身についてしまった『クリティカル・…

はじめてのMartin(⑤凄い店員さん現る 編)

2016年4月17日の夜の出来事だった。 いつものようにリビングでゴロゴロしながら、いつものようにお決まりのギターショップの更新情報などをチェックしていると・・・お、お、おおお? ★新着★ D-28 Authentic 1941 non-VTS (2014) コンディション: N.MINT 価…

はじめてのMartin(④ショップ巡り編(3/3) 渋谷2店舗)

ここでお茶の水から渋谷に移動。 路線的に神保町駅から渋谷駅に向かう方が便利なので、お茶の水からテクテクと神保町駅まで歩く。もっと若い頃は、本屋だのスポーツショップだの、あるいはルアーショップ(釣具屋さん)だの、お目当ての店がいろいろあったの…

はじめてのMartin(③ショップ巡り編(2/3) お茶の水 B店)

次に足を運んだのは、お茶の水 B店。 中に入るのはこちらも初めてだ。 店内は先ほどのA店と比べると、かなり手狭だ。同じ階層に幅広いブランド、幅広い価格帯のギターを並べていることもあってか、お客さんの数も多いし、店員さんの数も多い。 そんなフロア…

はじめてのMartin(②ショップ巡り編(1/3) お茶の水 A店)

その後、3月中旬から下旬にかけては、年度末ということもあって色々と忙しく、僕のMartin ドレッドノート探しの活動は小休止していた。 とはいえ忙しい中でも、YouTubeでの好みの音色探しや、各ショップのギター在庫の動きの把握など、はじめてのMatin探しの…

はじめてのMartin(①下調べ編)

今年で生誕100周年を迎えるというウワサのMartinドレッドノートが気になりはじめてから、およそ1ヶ月が過ぎた3月上旬。 Martinの中でも、以前記事にも書いたD-28 Authentic 1941への興味が日に日に大きくなってきていた僕は、まずはそのモデルが在庫している…

もうギターはいらないはずだった。

もう、まったくダメ。 我ながら朝令暮改というか、意志が弱いというか。。。 いやいやいや。否! 今回ばかりはそうではない。僕がそうなってしまっただけの十分な理由がある。 あんなにテンポがよくて、なのに押し付けがましさが一切なくて、ニュートラルで…

Martin 弾いてもないのに別の子が気になりはじめる

Martin D-28 Authentic 1937 の誘惑はその後も絶え間なく続いているが、試しにうっかり弾いたりしちゃったら、もはや買わずにはいられなくなることが火を見るよりも明らかなので、楽器屋さんには当面行かないと決めている。 そんな中、気晴らしも兼ねて毎日…

マーティンの容赦ない誘惑

『すごい美味しい韓国料理やさんがあるので、是非ご一緒に!』とのことで、昨晩、会社の若者たちに連れられて都内随一のコリアンタウン 新大久保まで足を伸ばしてきた。 これまで食べたことのない、鶏一羽を丸ごと煮込む鍋のような韓国料理なのだが、シンプ…

Martinのハニートラップに気をつけろ

最近気になる隣のクラスの子、Martin D-28 Authentic 1937。 同じオーセンティックの1941 は中古で程度の良さそうなものが市場にあるようだが、1937の方はデビューが1941よりは遅いからか、中古は全く市場にない。 とはいえ、今すぐに買うつもりはないので困…

Martin D-28 Authentic 1937 は本当に良い音か?と自分に問う

最近気になりだしたマーティンとかいう恐ろしい世界。 ※写真はクロサワ楽器さんから拝借。 とりあえずまた見たくなった時に便利なように、目下注目しているMartin D-28 Authentic 1937 のお気に入り動画をファイリングしてみる。 これが一番充実の内容。 短…

やっぱりマーティン欲しくなる。でもね・・・

今日はすっかり春の陽気で、気分も浮かれてくる季節になってきたようだが、それと同時に花粉って奴が満を持してやってきたようで、今日は朝から頭が痛い。毎年、花粉が本格化するタイミングでこうなるので慣れてはいるのだが、気分が悪いことに変わりはない…