ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

Waterloo by Collings

はじめてのWaterloo( WL-12 Jet Black -後編- )

ビル・コリングス氏が昨年夏に亡くなる直前まで、ジュリアン・ラージと一緒に新たなモデルの開発に取り組んでいた事実をご存知な方も多いかと思いますが・・・ 彼らの工夫と努力と熱意の結晶として、昨年秋に発売されたCollings OM-1A JL Julian Lage という…

はじめてのWaterloo ( WL-12 Jet Black -前編- )

当ブログ名物(?)の「はじめての●●」シリーズ。 新ドメイン(punguitar.com)引っ越し後の最初の連載には、きっとこれがふさわしいはず。 === ハイエンドギターメーカーとして有名なCollings社のサブブランドに位置づけられるこのギターの魅力に取り憑…

【2018 夏のぷんセレクト】気になるギター

こういう記事、最近あまり書いていなかったですね。 簡単に言ってしまえば「ぷん好みかどうか?」という超バイアスかかりまくり、ぷん的目線での独断と偏見に満ちた気になるギターセレクション。 題して… 『2018 夏のぷんセレクト』 ここ最近、僕の周りのSNS…

【完結編】はじめてのCollings ~果報は寝て待て~

ギターの入荷情報が三度の飯より大好物! 年末年始もJ-Guitarにかぶりつき!! …のナウでヤングなギターボーイズ・アンド・ガールズの皆さんなら既にご存知かと思いますが、 (写真はワタナベ楽器さんのツイートより拝借) 僕のはじめてのCollingsとなるべく…

はじめてのCollings(中編 〜トラディショナルシリーズと消えたマダガスカル〜)

それまでは、基本的にはローズウッド系の艶やかなサウンドが好みだった僕でしたが… 昨年末にWaterloo WL-Kで素敵に弾き語るアンソニーお兄さん(Anthony da Costa)の動画に感動したのをキッカケに、少しずつマホガニーのサウンドにも惹かれるようになってい…

はじめてのCollings(前編 〜いよいよCollingSoon〜 )

どうやらタイミング的にはちょうどいい感じで、自分への最高のクリスマスプレゼントになりそうな予感のする、ボクの “はじめてのCollings”。 前回のブログにも少し書きましたが、いよいよその日が近いのではないかと噂されている、コリングスの“あの新製品”…

いきなりコリングス

世間の流行に乗っかって、ちゃっかり人目を引こうとする僕のいやらしい部分が、この記事のタイトルに見事に出ていますね、はい。。。 さて。 やたらとばたばたする日々の中、ひさびさにドキッとするギターが現れましたよ。00-18 authentic、000-42 authentic…

続・はじめてのMartin(買い増しの掟)

ギター好きにとって、新しいギターを欲しくなる気持ちには際限がない。 きっとそれは、前回の記事で書いたように、ギターという楽器が放ちうる音色のバリエーションが、使われている木材やその他素材(構成部品の金属、プラスチック、塗料など)、そしてその…

続・はじめてのMartin(12Fジョイントの魅力に気付く)

前回ご紹介したMartin 00-18 Authentic 1931の登場によって、僕はマホガニーの魅力に気付かされたと同時に、今までほとんど興味を持っていなかった、あるもうひとつのスペックへの強い関心を植えつけられてしまった。 それが『12Fジョイント』である。 Marti…