ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

Lowden Pierre Bensusan Signature Model / ローデン ピエール ベンスーザン シグネチャー

2008年。

Kevin Ryanとの契約を終了し、約5年ぶりに再びLowdenを使い始めたベンスーザンの新たな相棒となったのが、Lowden Pierre Bensusan Signature Model である。
実際、その後2010年にリリースされたアルバムVividlyでは、前作AltiplanosでのKevin Ryanに代わって、このギターが使われている。
 
 

f:id:punsusan:20180929191644j:plain

f:id:punsusan:20180929191625j:plain

この新しいシグネチャーモデルは、以前ベンスーザンが30年以上の長きに渡って相棒としていた"Old Lady"の愛称で知られるLowdenにちなんで、"New Lady"と呼ばれている。
 
僕は、
 
今年の2月に初めてフィンガースタイルのソロギターなるジャンルを知り・・・
 
桜が咲く頃に初めてピエール・ベンスーザンの存在を知り・・・
 
そのまま一息にベンスーザンの虜となってしまったのだが・・・
 
そんな “にわか・ベンスーザンフリーク”の僕が、"彼の使っているギター"として最初に認識したのは、Kevin RyanでもOld Ladyでもなく、このLowden Pierre Bensusan Signature Modelである。
 
George Lowden Guitars(Lowdenの正式名称)のギター生産規模は月間70本程なので、日本国内でそれほど多く流通しているわけではないと思うが、偶然にも僕がベンスーザンを初めて知ったその時期に、Lowden国内総代理店であるギタープラネットさんに、このLowden Pierre Bensusan Signatureの在庫があったのだ。
しかも、今年1月のNAMM SHOWで買い付けられた、杢目にかなりこだわって製作された個体だ。
 

f:id:punsusan:20180929191703j:plain

Lowden Pierre Bensusan Signature Model
Top: Adirondack Spruce
Back&Sides: Honduras Rosewood
 
 

f:id:punsusan:20180929191719j:plain

サイド&バックのホンジュラスローズウッドは、高級家具のような美しい杢目。
 
 

f:id:punsusan:20180929191728j:plain

メイプルネックも虎目バッチリ。
 

f:id:punsusan:20180929191736j:plain

トップのアディロンダックも、すこし分かりづらいが、ベアクロー気味の杢目。
 

f:id:punsusan:20180929191743j:plain

ベアクローは、ホログラムのように光の角度で見えたり見えなかったりするが、この写真は比較的見やすいか。
 

f:id:punsusan:20180929191751j:plain

ちなみにベアクローと一緒に写っている名刺は、Lowdenグッズを個人輸入した際に同梱されていたGeorge Lowden氏の手書き文字入り名刺!
 
こういう細かな心遣いがファンを生むのだ。
もちろんその代表格は僕である。
 

f:id:punsusan:20180929191805j:plain

ネック裏にはPierre Bensusanの文字。
 
このギターは初めて弾いたLowdenでもあるのだが、最初に手にした時、その響きの凄さに感動した。George Lowdenが何かの記事で『私は響くギターを作りたい』と言っていたが、まさにそういうことだ。
 
アディロン/ホンジュラスという材の性質もあると思うが、その響きはまるでクリスマスベルのよう。ベルを両手に持った子供達が集まって、みんなで曲を奏でるあの音だ。
 
清々しくもあるが、荘厳で、神々しい音。
そんな音がサウンドホールから、泉のようにこんこんと湧き出てくる。
僕だけかもしれないが、なんとなく教会とかそういう神聖なものをイメージしたくなる音だ。
 
参考までにベンスーザン本人の生音の映像があったので、聴いてみて欲しい。
If You Only Knew / Pierre Bensusan
 
使い始めてから既に7年ほど経っているので、トップがカスタード色になっているが、これはこれで良い雰囲気を出している。
 
うちの子も僕が末永くしっかり弾き込んで、音も、姿も、更にいい味が出るようにして
あげたいものだ。
 

※このギターのフォトギャラリーは【ギターコレクション by ぷんギターズ】のページでご覧いただけます。→Lowden Pierre Bensusan Signature | ぷんギターズ