ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

Lowden Pierre Bensusan Old Lady (Part2) / ローデン ピエール ベンスーザン オールドレディ

腰を痛めてから丸3週間。

ギター練習はまだ再開していない。
 
痛みは、無理に伸ばそうとかしない限りほとんど感じなくなった。
でもまだ完全ではないので、ここは焦らずもうちょっと我慢することにする。
 
さて以前にも紹介したLowden Pierre Bensusan Old Lady。
いまだ練習できなくて暇なので、写真をいくつか撮ってみた。

f:id:punsusan:20180929190304j:plain

通常はクリアピックガードのLowdenには珍しいべっ甲柄。
ちなみに、この指板延長はオプション設定。

f:id:punsusan:20180929190314j:plain

メイプルのバインディングが良い雰囲気。
サイドのキューバン・マホガニーもぐっときます。

f:id:punsusan:20180929190325j:plain

ベベルもメイプル。こちらもオプション。

f:id:punsusan:20180929190332j:plain

ヘッドのロゴがウッディ。
これ、以前はマザーオブパール系だったはずだけど、2015年製あたりから変わったみたい。

f:id:punsusan:20180929190340j:plain

参考までに、こちら2014年のもの。
(写真はギタープラネットさんより)

f:id:punsusan:20180929190347j:plain

ヘッド裏は、もうひとつのベンスーザンシグネチャーのNew Ladyとは違って、ナチュラルのまま。
ペグもこちらはシャーラーで、あちらはGotoh510。

f:id:punsusan:20180929190357j:plain

しつこいが、やはりなんといってもキューバン・マホガニーが美し過ぎ。
 
オリジナルOld Ladyで演奏された、初期のベンスーザンのケルティック系の曲のイメージが強いこともあるとは思うが・・・
このギターは、バグパイプとかシタールとか、いわゆるナチュラルビブラートが掛かったような“民族楽器”を彷彿とさせる音がする。
 
サンプル動画などで録音された音を聴いても、すごく線の細い単調な音色に聞こえてしまって、上述したような印象はなかなか伝わりにくいようだが、もし実際に手に取る機会があれば、ぜひ試してみて欲しい。
 
(完)

※このギターのフォトギャラリーは【ギターコレクション by ぷんギターズ】のページでご覧いただけます。→Lowden Old Lady Pierre Bensusan | ぷんギターズ