ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

枕で弦が切れにくくなるらしい

そういえば、数ヶ月前に購入した本に、弦の巻き方を変えると切れにくくなるとの情報があったので、それ以来その通りに巻くようにしている。『アコースティックギター メインテナンスガイド』という本だ。

f:id:punsusan:20180929183841j:plain

詳しくはここでは割愛するが、切れやすいと言われている3弦と4弦のみ、ペグ穴の縁の尖った部分に直接弦が当たってしまわないよう、クッションの役目を果たす “枕” と呼ばれるものを作ることで、弦が格段に切れにくくなるらしい。

f:id:punsusan:20180929183847j:plain

 

f:id:punsusan:20180929183853j:plain

写真は比較のために、今日張り替えたLowdenの4弦、5弦のペグを拡大した写真だが、4弦の方だけ、巻き始め部分の弦の下に、余った部分の弦が挟まっているのがわかるだろうか。2枚目の写真の方がわかりやすいかも。
 
確かにこの巻き方をするようになってから、練習後に弦を緩めて、その後また練習のためにチューニングし直す際に、弦が切れてしまうことが無くなった。
 
誰が発明したのか知らないが、やはり先人の知恵はすごいのだ。

 

blog.punguitars.com

f:id:punsusan:20180929200750j:plain