ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

はじめてのMartin 【完結編】 〜シンクロニシティ〜

アコースティックギターというのは、いろいろな意味でなかなか奥が深い。
 
『演奏する』という観点での奥深さは、初心者の僕が語れることではないのでどなたか達人にお譲りするとして、『気に入った個体を選ぶ』という観点では、今回の『はじめてのMartinを探す旅』を経て、いろいろと自分なりに考えることがあった。
 
もし新品、それもメーカーからお店に納入されたばかりの新品を購入するのであれば、その仕様や見た目、そして音色そのものなど、純粋にそのギターの個性だけを見て選んでもよいかもしれない。また、流通している絶対数が限られていて、他に選びようのない中古ギターを購入するときも、同様とならざるを得ないだろう。
 
しかし複数の選択肢のある中古ギターや、新品でも一定期間店頭在庫とされていたようなギターを購入するのであれば、単に仕様やその時点でのスナップショットとしてのコンディションだけでなく、前オーナーさんやお店の方々にどのように扱われ、気遣われていたのかというプロセスにも、僕はどうしても想いを巡らせてしまう。
 
とはいえ、前オーナーさんやそれまでの流通過程において、そのギターがどのように扱われていたのかを知るのは、限界がある。結局は、購入するお店の店員さんを信頼し、そこに至るまでの過去との橋渡し役も担ってもらうしかないのだ。
 
もし僕自身に、自らギターのコンディションを隅々まで診断でき、その個体の最高のパフォーマンス(音色)を引き出す腕が備わっていれば、もっと違う手段もあったのかもしれないが、残念ながら現実はそうではない。
 
となると、僕の場合、それらの様々な点について、客観的な判断材料を提供してもらい、参考としての意見や見解なども聞かせてもらうという目的において、販売店そのもの、そして店員さんに期待する役割がどうして大きくなってしまうのだ。
 
●散々自問自答して辿り着いた『僕の欲しい音色』を持っている
 
●自分の成長と共に、ギターの音色も成長させられる可能性がある
 
●そのギターの過去と未来の橋渡し役として、『凄い店員さん』から購入できる機会がすぐそこにある
 
 
そう。もう僕の心は決まっていた。
 
あとは、この気持ちをもう少し寝かして、熟成させる期間を経た上で、それでも心がブレていなかったら行動に移ろう。せめてゴールデンウィーク明けくらいまで待ってみようかな。。。
 
そんなことをぼんやり考えていたある日の深夜、既にこれまで数え切れないほど繰り返し見てきたお目当てのギターの紹介ページにアクセスしてみると・・・?
 
何やら見慣れないバナーが貼り付けられているではないか。ついさっき見たときは無かったはず。ということは、きっといまこの瞬間に更新されたものに違いない。
 

f:id:punsusan:20180929165412j:plain

 
このギターがGWセール対象になっただと?
結構な値段のギターが、5%も値引きされているではないか。
 
大阪M店の方々は、これまで何度もこのギターについて僕が問い合わせしていたから、放っておいても僕がこのギターを買う確率が高そうなことは推測できているだろうに。
 
しかもこのギター、そもそも入荷してまだ1週間くらいしか経っていない。普通そんなに早くセールに出すかね?
 
僕は、なんだかこれが、大阪M店 店員Uさんからの何かのメッセージのような気がした。
 
そしてほんのついさっき、せめてGW明けまでは待とうと思っていた僕の理性はもはや完全に吹き飛ばされ、何かに駆りたてられるがごとく、次の瞬間にはそのギターを注文してしまっていたのだった。
 
 
●2016/4/26 深夜の出来事まとめ
 
22:40 たった今からGWセールが始まったことに気付き、すかさず注文を入れる
 
22:41 大阪M店からの自動注文確認メールが届く
 
22:44 すれ違いで、大阪M店 店員Uさんから『問い合わせ頂いていたギターが、GW限定セール対象となりました。併せてご検討ください。』とのお知らせメールが届く
 
22:45 『Uさん、いまちょうどオーダ入れたところです!』と、僕からUさんに興奮気味の返信を返す
 
22:55 Uさんより返信。『ご連絡ありがとうございます!XXさんに見て頂ければと思ってご用意させて頂きましたので、嬉しい限りです!』
 
 
・・・この間たったの15分。
これがいわゆる『シンクロニシティ(共時性)』なのでしょうか。
 
もうね、本当に十分です。素晴らしすぎます。ギターを手に入れる前から、最高の体験と最高の思い出が出来ました。心の底からありがとうです。
 
 
・・・ということで。
 
はい、そうです。
長々と引っ張ってすみませんでした。
 
この度、僕が購入したのは・・・
 
● D-28 Authentic 1941 (2014) non-VTS仕様
 

f:id:punsusan:20180929165421j:plain

 
今回の検討にあたり、たくさんのショップの方々に多くのサポートをいただきました事、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました!
 
そして、素敵なギターとのご縁と、最高の『はじめてのMartin選びの旅』をプレゼントしてくださった三木楽器さん、そして店員Uさんに、心より感謝したいと思います。本当にありがとうございました!
 
なお、既にギターは無事に届いておりますので、次回更新では、写真など交えてご紹介させていただきたいと思います〜。
 
(完)
※このギターのフォトギャラリーは【ギターコレクション by ぷんギターズ】のページでご覧いただけます。→ぷんギターズ | Martin D-28 Authentic 1941 non-VTS