ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

嗚呼!マダガスカル

いま、こんなことが起きているようです。
 
 

フォルヒの社長さん曰く、

 
『良質なマダガスカルローズウッドはいつ入るかわからず、正確な納期は答えられない』
 
…と。
 
 
 
コリングスを取り扱われている3つの国内有名ギターショップさんたちが、皆さん口を揃えて曰く、
 
『collingsのマダガスカルローズウッド仕様でのオーダーは、良質な材の不足により、現在オーダー休止中。再開の目処もまだわからない状況です』
 
…と。
※こちらは私個人によるヒアリング情報です。
 
 
最近ギタープラネットさんに入荷したLowdenの紹介ページを見て、ぷんスーザン(僕)曰く、
 
『えー!?ブリッジ材がボーコテ?ローデンのブリッジって、これまではマダガスカルローズウッドが標準だったはずなんだけど…?』
 
…と。
 
 
 
いずれもごく最近の出来事です。
 

f:id:punsusan:20180929134611j:plain

 
ちなみにこちらは…
 
『俺のマダガスカル(Martin D-28 Authentic 1941)』
 
 
なお、マダガスカルローズウッドは、以前よりワシントン条約の第2類に分類されていたはずなので、今年1月からのローズウッドへの適用拡大の影響を直接的には受けないと思われますが、それでもやはり間接的には、なにかジワジワきてるんでしょうか…。
 
さて、この先どうなる?