ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

はじめてのトラゴット(完成まであと少し)

ついこの間まで雪が降っていたような気がしますが、今日はすっかり春の陽気。季節の移ろいはとても速いですね。そしてそれは、歳を重ねるほどにどんどん速くなる速くなる。おー、こわ〜。
 
 
そんな微妙なお年頃の僕。最近のスローガンは『今を生きる』です。
 
 
社会人になってから随分と長い間、『将来をより楽しく自由に過ごすため』という大スローガンの下で、強くストレスのかかるようなチャレンジングな環境に自ら好んで飛び込んできたような気がしますが…
 
人生折り返し地点を過ぎるこれからは、いつかくる未来のためではなくて、今この瞬間を楽しむ方向に舵を切ってみようかなと…。最近読んだ、とある本の内容が結構なレベルの目から鱗だったことも、そんな考えに至るための後押しとなりました。
 
 

f:id:punsusan:20180929081253j:plain

写真は人生を楽しむパートナー達
※ 春爛漫のお花畑みたいでしょ?笑
左: Martin 000-18(1941年製)
右: Fender Telecaster(1954年製)
奥: Collings OM-1A JL(2017年製)
 
 
ということで、最近はギターを弾いたり、好きな音楽を聴いてのんびりしたり、本を読んだりする時間を増やしています。暖かくなったら、アウトドア活動も楽しんじゃうつもりです。自分の体に染み付いて、それと共にあることが自然になってしまった色々なストレスを、少しずつ脱ぎ去っていこうと…。
 
あとは、体のコンディショニング。まめに体を動かしてます。付き合いでお酒を飲むのも一切やめました。外食の際にはペリエばっかり飲んでます(笑)。
 
おかげで体調はびっくりするほど良くなって、あからさまにアタマも冴え、公私両面で何事に対しても集中力が増します。これからの僕の人生には、ギターは必要だけど、お酒はもういらないなー。
 
 
さて、そんな僕の話はこのくらいにして…
ジェフから10日ぶりの進捗報告ですー。
 

f:id:punsusan:20180929081303j:plain

 
出来上がったボディーに、バインディングをつけていきます。
 

f:id:punsusan:20180929081310j:plain

 
しっかり接着するために、ぐるぐる巻きのミイラ状態。
 
 

f:id:punsusan:20180929081326j:plain

 

f:id:punsusan:20180929081428j:plain

 
表裏ともに綺麗にバインディングが施されました!
 
 

f:id:punsusan:20180929081444j:plain

 
そして次に、ネックジョイント部分の加工ですね。上の写真とよーく見比べると、くさび形の繋ぎ目が出来ているのがわかります!
 

f:id:punsusan:20180929081455j:plain

 
サイド&バックも綺麗。ようやく、ずっと憧れていたあのトラゴットギターの雰囲気が出てきました!
 
 

f:id:punsusan:20180929081521j:plain

 
そして遂にネックとボディーが仮組みされます。ネックはまだ荒削りレベルですね。
 

f:id:punsusan:20180929081506j:plain

 
ネックとボディーが接続されるジョイント部は、この部分の狂いが原因で後々大規模なリペアが必要になることも多いですから、アコースティックギターの構造上とても重要な部分ですね。詳しくはわかりませんが、この器具、ネックの仕込み角とかを正確に施すための器具なんですかねぇ?
 

f:id:punsusan:20180929081532j:plain

 
そしてフィンガーボードとブリッジも仮組みされます。これが僕のはじめてのトラゴット 、Traugott Model Rの顔かー。うーん、まだ全然実感がわかないぞ…(>_<)
 
 

f:id:punsusan:20180929081539j:plain

 
そしてここは…たぶん塗装ルームですね。『可燃性塗料のため火気厳禁』的な警告板が見えます。仮組みされていたネックなどは取り外されて、代わりに空中に固定するための器具が取り付けられているようですね。既にラッカーが塗られたのかな?
 

f:id:punsusan:20180929081546j:plain

 
こちらはサイド&バック。ラッカー塗装によって、ハカランダの色合いにぐっと深みが出てきました!見たことあるトラゴットギターの雰囲気です!!
 
 
…ということで、今日はここまで。週末ゆっくり塗装を乾燥させるんでしょう。なお、完成予定は4月上旬とのこと。手元に届くのはちょうど桜が終わる頃かな。
 
 
ちなみに昨年の1月にジェフにはじめてメールをして、偶然空いたオーダー枠を抑えさせてもらった時には、そんなこと考えてもみなかったけど…
 
 
この、はじめてのトラゴット 。偶然にも、僕がこれからの生き方を見直してみようかなというタイミングに合わせてやってくる、ある意味、『人生(マラソン)折り返し地点のスペシャルドリンク』的な意味合いを持ったギターになりそうです。
 
 
 
外国の方がよく使う、あの言葉。
 
 
Enjoy!!!
※ 楽しんで!の意味
 
 
そんなことを考えると、なんだかとてもいい言葉ですね。これからの僕にぴったりだ。
 
 
(続く)