ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

はじめてのトラゴット(早くもジェフロス?)

ちょっとごぶさた、3週間ぶりにジェフから連絡がありました!
 
製作はすべて順調に進んでいて、4月上旬には発送できそうとのこと。既に塗装の絡む工程に入っているので、乾燥のための時間が結構かかるようで、今回の写真は少しだけですー。
 
 
ちなみにジェフさん、この3週間の間にこんなギターを完成させちゃってたようですよー。
 

f:id:punsusan:20180929080451j:plain

 

f:id:punsusan:20180929080502j:plain

(写真は本人のFacebookより)
 
こ、このインレイは…!?
 
このカスタムオーダーが僕の一つ前のオーダー枠だったということなら、僕のオーダーが元々の納期より遅れてしまってもそりゃ仕方ないような気もしますね…笑
 
 
では早速、今回のアップデートですっ🎶
 
 

f:id:punsusan:20180929080514j:plain

 
ワンピースのマホガニー材から、ネックプロファイルを削り出しています。ちなみに今回は、ナット部分での幅44.5mm前後のトラゴット標準プロファイルでオーダーしています。
 
トラゴット独特のあのヘッド形状も、今回初めて顔をのぞかせていますね!
 
 

f:id:punsusan:20180929080521j:plain

 
ラッカー塗装の仕上がったボディーに、ネックが仮組みされています。
 
なんかもう、ハカランダが黄金色に輝き出しちゃって、ちょっと神々しい感じになってきました…。正直ちょっと…こ、こわい…。
 
 

f:id:punsusan:20180929080528j:plain

 
塗装後のネック裏ですね。落ち着いた素敵な色です。
 
 

f:id:punsusan:20180929080534j:plain

 
エボニー指板にラッカーがかからないよう、しっかり保護されているようです。
 
 

f:id:punsusan:20180929080540j:plain

 
そして最後に…
ハカランダ材のヘッドプレートがここで登場です!!
 
このヘッドプレート部分については、ジェフからは何も聞かれなかったので、こちらからも要望などを出したりすることは一切せず、完全にジェフのセンスに任せることにしていましたが、僕の大好物のハカランダ独特の太い黒い筋が印象的な部分の材をうまく使ってくれたようです。バインディングによる黒い縁取りともマッチしていて、とってもいい感じ!
 
さすがジェフ、よくわかっていらっしゃる。やっぱり超一流の職人さんには、本人が作りたいものを、本人の好きなように作ってもらうのが一番いいのかもしれませんね。
 
…いやはや、こりゃたまらん。
 
 
 
 
それにしても…
もう優に残り1ヶ月を切っているのだけれど、なんだかまったく実感が湧かないんですよね…。
 
あとなんだろう…。ジェフとの楽しいやり取りが、もうあと数週間で終わってしまうことへの寂しさ…。
 
なんか早くも喪失感ありますね…。
これが、ジェフロス…か…笑
 
 
あ、そういえば…
3年ほど前に入荷して以降、三木楽器 梅田店さんの在庫リストに燦然と輝き続けていたTraugott Model BK Cutaway が、最近SOLDになりましたね!
 

f:id:punsusan:20180929080555j:plain

 
 
実は、トラゴットのオーダー基本価格が、2018年1月より、こっそり15%程度値上がりしたんですよね。
 
この値上がりの影響で、三木楽器さんで販売されていたModel BKの新品国内価格が、カッタウェイオプション価格も加えた値段で考えると、急にとてもお買い得感のあるプライスに見えてきていたので、このタイミングで購入された方はとても賢いと思います。
 
よいお買い物をされましたねっ♡
 
 
(続く)