ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

Jeff Traugott Model R(①デザインに隠された秘密)/ ジェフ・トラゴット

オーダーから約15ヶ月の時を経て、2018年4月、遂に我が家にやってきたJeff Traugott Model R。

 

f:id:punsusan:20180927214806j:plain

 
現代ルシアーの中で3本の指に入るとも言われるジェフ・トラゴットのギターとの初対面に、いつもならドヤ顔で映り込んでくるうちのカバさんも、心なしか緊張しているようです(?)。
 
トラゴットのラインナップには4つのボディータイプが用意されていますが、中でも今回僕がオーダーしたこのModel R というタイプは不動の1番人気であり、かつ、ジェフ本人にとってもフェイバリットなモデルだそうです。
 
なおこのModel R は、ジェフがサンタクルーズギターに在籍していた時に開発した SantaCruz FSというモデルが原点となっています。これについては、過去記事で記していますので、ご興味があればご覧ください。
 
 
ちなみに一年ほど前に記事を書いた時点では、ドルフィンギターズさんにて新品で販売中でしたが、その後SOLDとなった後、つい最近、偶然にもワタナベ楽器 京都本店さんにニアミントコンディションの中古ギターとして入荷していました。ほちいですね…。
 

f:id:punsusan:20180927214910j:plain

 
 
 
さて話は少し逸れましたが、このModel R というギター。とにかく見た目のバランスがものすごく良いのです。
 
いわゆるOMサイズをひと回り大きくしたトラゴットオリジナルのこのデザインは、写真で見るとボディーのくびれの上側が少し小さめで、瓢箪のような印象が強く見えることが多いのですが、実物を見るとそういう印象は全くありません。
 
むしろ、僕の好みとしてはパーフェクトではないかと思えるくらいのバランスの良さを感じます。
 

f:id:punsusan:20180927214758j:plain

 
正面から見ても…
 
 

f:id:punsusan:20180927214927j:plain

 
ヘッド方向から見ても…
 
 

f:id:punsusan:20180927214935j:plain

 
横になった姿も…
 
 
どこから見てもパーフェクト!
※ そして、まだ友達になりきれていないカバさん
 
 
 
それにしてもこのギター。
なんでこんなにパーフェクトに見えちゃうのか?
 
 
 
 
ぷんさん、じっくり考えてみました…
 
 
 
 
そしてひとつの答えに辿り着きました!
 
 

f:id:punsusan:20180927214944j:plain

 
 
写真の通り、ボディーの曲線に外接するような直線を引いてみると、ヘッドの先端付近を指し示すのです。
 
 

f:id:punsusan:20180927214953j:plain

 
更にヘッドのデザインも、ボディーと同じように、切り落とされた側面がヘッドの先端方向を指し示すような角度でデザインされているんですよね。
 
 
つまりこのTraugott Model Rというギターのデザインは、ヘッドの先端付近を光源として、そこから放射線状に発せられた直線(光)を意識してデザインされているように思えるのです。
 
 
 
更に、これまでも散々ご紹介してますが…
 
このギターに使用されたブラジリアン・ローズウッドが、これまたとても美しいのです。
 

f:id:punsusan:20180927215002j:plain

 
ヘッドの化粧板も…
 
 

f:id:punsusan:20180927215018j:plain

 
寝姿も…
 
 

f:id:punsusan:20180927215027j:plain

 
立ち姿も…
 
特にバックの杢目の感じが、このモデルにとってもマッチしているように見えるのです。
 
 
ちなみに、このハカランダ材を選ぶときにジェフから送られてきた写真がこれ。
※少し色調補正しています
 

f:id:punsusan:20180927215037j:plain

 
黒い筋が斜めに入ってるところが、なんとなくバランスがいいような気がして、最終的にこの材を選んだわけですが…
 
 
この杢目のバランスが良いと感じた理由が、今回はっきりとわかりました。
 

f:id:punsusan:20180927215045j:plain

 
なんとーー!!!
 
杢目の黒い筋に合わせて直線を引いてみると、ボディーに外接する直線と同じく、ヘッド先端付近を指し示すのです!
 
だから、ボディーバック材だけが映った写真でも、妙にバランス良く見えたわけですなぁ。ふむふむ。
 
 
…って考えてたら、以前の記事で紹介したこの写真。
 

f:id:punsusan:20180927215053j:plain

 
僕にはなぜか、これが『ワープ寸前の宇宙戦艦』のように見えたのですが、その理由が今ならハッキリわかります!
 
これ、あれだわ…。
 
 
東京ディズニーランドのアトラクション『スペースマウンテン』の乗り始め最初のとこで、一点の光源から発せられた放射線状のレーザー光に吸い込まれて、まるでワープしていくかように感じる仕掛けがありますよね…。僕の中では、あの体験と完全一致だわ…。
 
 
このトラゴットの写真を見て、もう何十年も前の子供の頃に、はじめて両親に連れて行ってもらったディズニーランドのあの時の、あのドキドキわくわく体験がフラッシュバックしたんだわ…。
 
 
 
あ…。
 
 
 
 
なんか懐かしい出来事が色々思い出されて、急にセンチメンタルな気持ちになってきた…。
 
 
 
 
あーーーーーー。
 
 
 
 
・°°・(>_<)・°°・。
 
 
 
おとんおかんよ。
…愛情深くボクを育ててくれて、どうもありがとう♡
 
 
 
 
…んーーっと、
ギターブログ書いてるのに、自分でもなんでこんな感情になったのか、訳わかんなくなっちゃったので…
 
 
今日はここまで!笑
 
(続く)
※このギターのフォトギャラリーは【ギターコレクション by ぷんギターズ】のページでご覧いただけます。→Jeff Traugott Model R | ぷんギターズ

 

blog.punguitars.com

f:id:punsusan:20180929200750j:plain