ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

Birdland製 ブリッジピンにぷんギターズ仕様が登場!?

ブログでは少々ご無沙汰の1941年製 Martin 000-18。
 

f:id:punsusan:20180927211625j:plain

 
以前の記事で紹介した通り、もともとこのギターを購入した時にはプラ製のブリッジピンがついていたのですが、購入直後にワタナベ楽器さんでメンテナンスしてもらった際に、エボニー製にするか、それとも、水牛角製にするか迷いに迷った挙句…
 
あえて少しだけサウンドに艶をプラスするような方向性を狙って、水牛角製のピンにしたという経緯があります。
 
 
その後、この年初にCollings OM1AJLを新たに手に入れたタイミングで、艶のあるサウンドはOM1AJLに任せて、逆に000-18は思いっきりヴィンテージ系統のドライなサウンドに振ってしまおうということで、今年に入ってからは水牛角製から、これまたワタナベ楽器さんにご用意いただいていたエボニー製のブリッジピンに変えていたのでした。
 

f:id:punsusan:20180927211601j:plain

 
ちなみにサウンドは狙い通り、あまいけどすっきり、口溶けよろしくほろほろ崩れる和三盆のようなトーン。
 
なお、もし和三盆をまだ未体験の方がいらしたら、こちらをお召し上がりになることをオススメします。
 

f:id:punsusan:20180927211643j:plain

 

f:id:punsusan:20180927211649j:plain

 
両口屋是清さんの二人静(ふたりしずか)という和菓子です。これを食べると、上質なマホガニーサウンドの醍醐味を味覚を通して感じられること請け合い!?笑。まぁそれは別としても、とても上品で美味しいお菓子であることは間違いないです。言ってみれば単なるお砂糖のかたまりなのですが、食べてみると、そんなに単純な味わいでは決してないことがわかると思います!
 
つまりマホガニーサウンドにもそういう魅力があるということです!!(ここはキリッと断定)
 
 
さて話は戻りまして、このエボニー製のブリッジピンは東京にあるBirdlandさんというギター関連の商品を中心に扱われている有名ショップさんで作られたものです。
 
 
 
僕個人的には、ピエール・ベンスーザンが使用しているインブリッジピエゾピックアップ のHighlanderを調べた時に、国内代理店をされているのがこのBirdlandさんだということを知った時から、存じ上げていました。
 
その他、TearSというブランド名でオリジナルのギターを製作販売されていたり、Nazcaというブランド名で極めて軽量かつ耐久性に優れた楽器ケースを製作されていることでも有名ですよね。
 

f:id:punsusan:20180927211658j:plain

 
例えばこのデザインとか…
めちゃくちゃカッコいいですよね!
 
しかも、さまざまなサイズのギターにも対応可能だそうです。頻繁に持ち運ぶようなギターケースは、内部で隙間があると、ギター本体に、いつのまにか擦れによる傷が生じてしまったりしますから、ちゃんとサイズに合うように製作してもらえるのはとってもいいですねー!
 

f:id:punsusan:20180927211707j:plain

 

f:id:punsusan:20180927211714j:plain

 
 
あ、ちなみに僕はこのNazcaブランドのケーブル持ってます!
 

f:id:punsusan:20180927211721j:plain

 
ほら、AERに刺さってるプラグにナスカの地上絵が…笑。
 
 
さてさてそんな僕らの味方、Birdlandさん。今回ワタナベ楽器とコラボされて、僕にとってはめちゃくちゃ嬉しい新商品を開発してくださったのです!
 

f:id:punsusan:20180927211728j:plain

 
Birdland製 エボニーブリッジピン (パールドットなし)
 
 
 
もう一度言います。
 
 
 
Birdland製 エボニーブリッジピン (パールドットなし)
 
 
 
そうですみなさん、わかりますか?
あえて大事なところだけもう一度言います。
 
 
 
(パールドットなし)
 
 
 
実はですね、僕のMartin 000-18のブリッジの穴が少し大きめだったそうで、他で市販されているブリッジピンではうまくサイズが合わず、唯一バードランドさんのブリッジピンのみがぴったり合ったそうなのです。
 
ただこれまでBirdlandさんのエボニーピンは、パールドット付きのゴージャスな見た目のものしかラインナップされておらず、とちらかというと飾り気のない方が好みの僕にとっては、そこだけが少し気になるポイントだったのです。
 
そんな僕のわがままを聞いたワタナベ楽器のカリスママネジャー村主さんが、わざわざBirdlandの小貫社長に相談してくださった結果、なんと、新たにパールドットなしのラインナップを用意していただけることになったというではないですか!なんという神対応!!
 
 
 
 
 
それから数ヶ月後の先月。ようやく商品化して最初のセットとなるパールドットなしのエボニーピンが出来上がったとのことで、早速000-18に装着した写真がこちら!
 

f:id:punsusan:20180927211738j:plain

 
この飾らない感じがたまりません。ぐふふ♡
 
そしてサウンドはもちろん言うことなし!狙い通りの上質なしっとりさくさくクリスピーチョコレートサウンドです!!おほほほ♡
 
 
 
し、しかもですよ…
 
 
バードランドの小貫社長いわく、
 
 
『ユーザー様の要望から生まれた商品なので、第一号セットは無償でそのユーザー様にプレゼントしてください!』
 
 
ええええーーーーーー!!!!
 
うそーーーーーーん!!!
 
な、なんて太っ腹な!!!
 
 
 
 
ほ、ほんとにいいんですか…
 
 
 
 
ありがとうございますーーー!!!!
(>_<)
 
 

f:id:punsusan:20180927211747j:plain

※写真はワタナベ楽器さんのtwitterから拝借
 
 
ということで、バードランド小貫社長(左)、ワタナベ楽器 村主マネジャー(右)。
 
この度は本当にありがとうこざいました!
 
 
(完)