ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

【完】Jeff Traugott Model R(④サウンド編)/ ジェフ・トラゴット

前回からの続きです。
 
出来立てほやほやのJeff Traugott Model Rが我が家に届いてから、早2ヶ月。
 
ファンシーな写真を多数散りばめて、見た目やら、杢目やら、構造特性やら…
 
なんだかんだと色々綴ってまいりましたが、どうしてもその先に筆が進まない。なによりそれが一番大切な情報であって、書かねばならぬものとわかってはいるものの…
 
 
やっぱり筆が進まない。
 
 
何が進まないって…そう。肝心のサウンドについて、まったく筆が進まないのです。
 
 
うーむ…この感情はなんなんだろう…。
 
 

f:id:punsusan:20180927210543j:plain

左: Traugott R (2018)
右: Kevin Ryan Pierre Bensusan (2006)
 
 
あ、先に言っておきますが、僕のはじめてのトラゴット、とても気に入っています。現時点で僕が所有しているギターの中で、お気に入りのギターをあえて一本だけ選べと言われたら、迷わずこのトラゴットを選ぶと思います。
 
もちろん厳然たる事実として、このギターの価格帯は僕のアコギラインナップの中ではちょっと段違いであるが故に、それだけの大きな投資をして手に入れたギターだから…という自己バイアスが、それはもうめちゃくちゃ & はちゃめちゃに、掛かりまくっているに違いありません。しかも最も最近に手に入れたギターですから、いま一番気に入っているのは当然といえば当然なわけです。
 
 
そんな自己バイアスを認識しながらも、それでもなんとか、このギターを弾いて感じられるインプレッションをできるだけ冷静かつ客観的に見つめてみようと努力してはみるのですが…
 
 
 
やっぱりできないんです…  
 
 
_| ̄|○
 
 
うぇーーん、うぇっ……うっ
ううぅぅ…ううぅぅぅう…うっくうっく (>_<)
 
 
 
なんかね、このギターを弾いていると、いわゆるこれまで自分なりに概ね理解できていると思っていた一般論としての材によるサウンドの特徴とか、ボディータイプによるサウンドの違いとか…
 
そういった概ねの特性は把握できているつもりだったものが、すべて単なる勘違い、自分がただの大バカ野郎なだけだったんじゃないかとすら思えてしまうんです…。
 

f:id:punsusan:20180927210556j:plain

※ どちらもハカランダです
 
 
●ハカランダの音?
…ええ、しますとも。
 
甲高くもあり、
とても暖かくもあり…
 
ガラスのようでもあり、
ウッディでもあり…
 
タイトな遠鳴りのようでもあり、
天から降り注ぐかのようでもあり…
 
ローズウッドのようでもあり、
マホガニーのようでもあり…
 
 
でもやっぱりハカランダの甘い香りがします。
 
 

f:id:punsusan:20180927210606j:plain

 
●サスティンは長い?
…ええ、永遠に鳴るかのようです。
 
単音をポーンと弾いただけでも、まるでエレキギターを背後のフルスタックアンプに向けた時のように、サウンドホールから出た音が自己フィードバックして、音が減衰する前にハーモニクス・トーンが勝手に鳴り始めちゃうくらい…
 
 
…鳴ります。
 

f:id:punsusan:20180927210614j:plain

 
●低音から高音のサウンドバランスは?
…ええ、もはや無段階変速のスムーズさです。
 
プレーン弦の音とワウンド弦の音。そこに段差はほとんど感じられません。
 
さすがハカランダという感じで、ローエンドはぐっと伸びますが、全体を邪魔しません。必要十分、適度な主張に留められています。
 
高音域は弾き手のタッチ次第。軽やかにも鳴り、野太くも鳴ります。
 
そしてすべての音域において、耳障りな成分がまったくありません。とてもよく調和しています。まるで森の音を聴いているかのようです。
 
 
…。
 
 
…。
 
 
…。
 
 
 
もうさ、これ、マホガニーとかハカランダとか、関係なくない?笑
 
弾き出せるトーンが自由自在という意味でのポテンシャルが、とにかく高い。
 
例えば、マホガニーサウンドの特徴を表現する言葉として、このブログでもこれまで頻繁に使ってきた『しっとりさくさくクリスピーチョコレートサウンド』…
 
普通に出るし…笑
 
 
 
もうね、僕よくわかりません…。
 
そして今、とりあえず僕が言えることは…
 
 
 
トラゴット 、半端ないって!!!
 

f:id:punsusan:20180927210622j:plain

Mr. Jeff Traugott
 
※ ワールドカップサッカー日本代表、がんばってください…。
 
 
 
【完】(一旦、強引に区切り(笑))
※このギターのフォトギャラリーは【ギターコレクション by ぷんギターズ】のページでご覧いただけます。→Jeff Traugott Model R | ぷんギターズ