ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

はじめてのWaterloo ( WL-12 Jet Black -前編- )

当ブログ名物(?)の「はじめての●●」シリーズ。

新ドメイン(punguitar.com)引っ越し後の最初の連載には、きっとこれがふさわしいはず。

 

===

ハイエンドギターメーカーとして有名なCollings社のサブブランドに位置づけられるこのギターの魅力に取り憑かれてから、はや2年。その後も続々と魅力的な新モデルが追加されるのをよだれ顔でずっと追い続けていた僕は、実際、今年の夏に掲載した「気になるギター」の記事でも取り上げるほどに、ずっと好き好き光線を出し続けていたわけですが・・・

 

blog.punguitars.com

 

遂にこのギターを手にする日がやってきました!

 

f:id:punsusan:20181028140355j:plain

 

 

その名は『Waterloo』

 

そして数ある魅力的なWaterlooモデルの中から、悩みに悩んだ挙句、今回僕が「はじめてのWaterloo」として選んだのがこちら!

 

f:id:punsusan:20181028140407j:plain

 

Waterloo WL-12 Jet Black

●TOP:Spruce

●Sides & Back:Maple

 

12Fジョイント、メイプルバックという僕にとっては始めての組み合わせとなるこのギターで、このブラックべた塗り(Jet Black)というカラーも初めてですね。

 

f:id:punsusan:20181028140416j:plain

 

サイドはなかなか綺麗なフレイムメイプルです。

 

ちなみにWaterlooでは、Collingsブランドのギターよりは少し落ちるグレードの木材を使うことでコストパフォーマンスを上げていることを、故Bill Collingsが以下の動画で明言しています。ただし、決して質の悪い材を使っているわけではなく、最上級の材の中でも選りすぐりの材しか使わないCollingsと比較すると・・・というレベルの話です。

 

Waterlooの魅力の源泉や、故ビル・コリングス氏の情熱がしっかり伝わってくる、とても素敵な動画。是非ぜひ見てみてください!!!

 


話題のWaterloo 製作者ビル・コリングス・インタビュー

 

 

 

さて話は戻って、バックのメイプルはこちら。

 

f:id:punsusan:20181028140424j:plain

 

ハイエンドルシアーギターでよく見るような、全面ビシっとそろったフレイム杢というわけではありませんが、十分美しいメイプル。ある意味、あまり気を遣いすぎなくてもよさそうな(笑)、親近感のあるルックスです。

 

f:id:punsusan:20181028141418j:plain

 

 

ブリッジとブリッジピンは、いずれもエボニー。

 

 

f:id:punsusan:20181028141457j:plain

 

このタイガーストライプのピックガードは、標準となっている白いピックガードからカスタム変更されています。ついでに、冒頭の写真にあるペグつまみも、標準の白から黒にカスタム変更されています。ただカスタムといっても、アップチャージはなし。お得ですね!

 

 

f:id:punsusan:20181028141735j:plain

 

指板はローズウッド。具体的にインディアンローズなのか、はたまた他のローズウッドなのかは謎ですが、見たところ、赤茶色のライトブラウンの部分と、黒に近いダークブラウンの部分がまざった、ヴィンテージのハカランダ指板のようなとてもよい雰囲気です。

 

f:id:punsusan:20181028142121j:plain

 

ナットはエボニー。このあたりは、サウンドに大いに影響していそうですね。

 

 

f:id:punsusan:20181028142216j:plain

 

そして白く縁取られたサウンドホールの向こうには、ビル・コリングス氏の肖像が・・・。これはずるいレベルで情がわいてしまいますね(泣)

 

あ、そうそう。このJet Black のカスタムWaterloo WL-12は、このブログではお馴染みのワタナベ楽器京都本店 村主さんによって生み出された、いわゆる「すぐりカスタム」。しかもその村主さん、つい先日、副店長に昇進されたとのことで、やはり乗っているオトコが生み出すギターはひと味もふた味も違いますね!

 

そしてこれと同じ仕様のWaterlooを既に追加オーダーしたようなお話も聞きましたので(笑)、もしこの「すぐりカスタム仕様」のWaterlooが気になっちゃった方は、昇進のお祝いも兼ねて、すぐりさんにご相談してみては?笑

www.j-guitar.com

 

 

さてさて、こんなWaterloo WL-12 Jet Black Customですが・・・

 

サウンドは正直びっくりします。そして、このWaterlooをじっくり弾いてみたことで、今年の年初に先行して手に入れていた Collings OM-1A JL Julian Lage との共通性、つまり、これら二つのモデルが同じ源泉から生み出されたギターであることが、いやというほど理解できた気がするので、この続きは次回記事にて、しっかりお伝えしたいと思います!

 

(続く…)

 

blog.punguitars.com

 

f:id:punsusan:20180929200750j:plain