ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

もっとトラゴット(中編: このギターはロマンでできています)

前回からの続き。

 

f:id:punsusan:20190104172737j:plain

Instagramで見つけた1枚の写真。

 

これはもしや・・・

2016年末〜2017年半ば頃にドルフィンギターズさんに在庫していた、古川さんの素晴らしい試奏動画も聴けるあのアディロントップのJeff Traugott Model R!?

 

f:id:punsusan:20190104173756j:plain

この写真のギター、見覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

※写真はドルフィンギターズさんのHPより拝借

 

照明の当たり方の影響で色味が違うこのふたつの写真だけでは同一個体かどうかの判断はつかないので、速やかにインスタのDMで売主に確認したところ…

 

ドンピシャ大当たり!🎯

 

まさしく新品の状態でドルフィンさんで販売されたあのトラゴットでした。まぁここ数年でアディロンTOPのトラゴットは数本しか作られてないので、比較的容易に特定できてしまいますね。

 

ちなみにJeff Traugott氏は、製作した一本一本の写真を自身のホームページに載せているのですが、実は冒頭の写真は以下のリンク先にあるトラゴット公式ページの紹介写真そのものでした。

www.traugottguitars.com

 

念のため、先のドルフィンさんの写真と、他の部分も比較してみました。まずバック。

f:id:punsusan:20190104173150j:plain

何の変哲もない杢目。その何の変哲のなさゆえに伝わってくる、なんとも言いようのない凄みがあります。

いわゆるヴィンテージMartinなどで見かけるような柾目ブラジリアンローズウッドです。あえて特徴を言うなら、センターのつなぎ目付近にうっすら通っている黒いようなグリーンのような太い筋と、それらの内側のど真ん中にある小さな節のような杢目あたりでしょうか。

ではドルフィンさんの写真と比べてみましょう。

f:id:punsusan:20190104173831j:plain

やはり照明の違いか、冒頭の写真と比べるとかなりダークな色に見えますが、センターシームを挟む2本の黒のようなグリーンのような太い筋や、バックど真ん中の小さな節のような杢目という特徴の両方確認できますね。

 

念のためにヘッドも。

f:id:punsusan:20190104174831j:plain

これまた、これといって特徴のない真っ直ぐな杢目のブラジリアンローズウッド。あえて見つけるとすれば、6弦のペグから下に色の境目となる黒い線がありますね。

 

では同じくドルフィンさんの写真。

f:id:punsusan:20190104173847j:plain

こちらも6弦ペグ下の太い筋をはさんでライトブラウンとダークブラウンに色が変わっているあたりの特徴は同じと見てよさそうです。

  

 

さて、いよいよ購入を真剣に検討するにあたって、この個体についてJeff Traugott自身が本物であることを保証する、署名入りの証明書を売主から見せてもらいました。署名日付は2018年10月上旬。

 

さすがに証明書なので、そのものをここでお見せするのは控えますが、ざっと内容を紹介すると…

 

●このブラジリアンローズウッドは1800年代に伐採され、1900-1920年の間に製材されたオールドグロウス(老齢樹)のハカランダ材である

 

●この材は当初、著名な木工工芸作家のRude Osolnik氏が購入したもので、その後、彼が82歳の時に、運良くジェフ・トラゴットが譲り受けたものである

※ Osolnic氏が1915年生まれなので、ジェフが譲り受けたのは1997年頃と推定されます

 

●プリウォー期のヴィンテージMartinの中には、実際にこの材と全く同じハカランダ材が使われているものもあり、極めて稀少な材である

 

●はじめてこの材を手にすることができたとき、ジェフはあまりの感動で、涙するほど嬉しかったという

 

●このギターを存分に楽しんで欲しい。そして、このギターを未来の世代に繋いでもらえることを切に願う

 

 

 

…ちょ、ちょっと待って。。。

 

…なんだこれ。。。

 

これほどまでにドラマティックなストーリーが記された、ギターの証明書ってありますかね?物語ありすぎでしょ…

 

 

それともなにかい?

このギターは、ロマンでできているのかい?

 

 

…。

 

 

ちなみに冒頭の写真をインスタにアップした売主さんは、日本でも、アメリカでもなく…

 

 

なんと東南アジア(!)にお住まいでした!

((((;゚Д゚)))))))

 

(続く…)

 

blog.punguitars.com

 

f:id:punsusan:20180929200750j:plain