ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

【2019 春のぷんセレクト】気になるギター

何の脈絡もなく、ふと思いついたときに発表されるこのシリーズ。

 

前回 2018年6月に掲載した『気になるギター』では、①Waterlooシリーズ、②Collingsオールマホガニー、③Gibson L-5(アーチトップ) というラインナップをご紹介しましたね。

 

blog.punguitars.com

 

さて今回の気になるラインナップはいかに!?

 

…と、その前に。

先週までアメリカで開催されていた世界最大級の楽器の祭典 NAMM 2019。例年通り今年も各メーカーから沢山の新製品の発表が行われましたが、皆さんチェックされていましたかー?

ちなみにボクぷんスーザン的に、もはや問答無用でやばいマジこれやばい!…となったのは、Waterloo by Collings がプロトタイプとして展示していたこのギター。

f:id:punsusan:20190202215459j:image

まさかのWaterloo アーチトップ WL-AT!(そしてこっそりマンドリンも!!)

 

やっぱりさすがのコリングス、ユーザーの心の中の柔らかい部分が良くわかってますよね。アーチトップをWaterlooのラインナップで出してくるとかもうね、センスありすぎぃぃー。そしてサウンドもやばー!


youtu.be

 

まだあくまでプロトタイプということで商品化は未定のようですが、これホントに出ちゃったら、もうタダゴトでは済まないぞ!笑

 

 

さてさて、前置きが長くなりました。そろそろ本題に。

 

1. バーニッシュ塗装のCollings 

Waterlooの流れからということで…

引き続きぷんさん大好きコリングス、しかもバーニッシュ塗装仕上げのギターが気になる気になる。

 

昨今アコースティックギターの世界でも徐々に馴染みのでてきたレリック塗装、いわゆるヴィンテージのようなダメージ加工がなされたギターのサウンドが注目されていますね。あのMartinですら、Agedフィニッシュ仕様のオーセンティックモデルを出してきたくらいですからね。

そんな中、以前からコリングスの高額オプション仕様として存在していたバーニッシュフィニッシュ。今更ですが、これぷんさん大好物です!

 

youtu.be

 

すっげーーーーいい!

うーん、いつかほちい…!!!

 

※コリングス社のバーニッシュ塗装の詳しい情報はこちらにあります

気になるヴァーニッシュ仕様COLLINGS、弾いてみました - Music Radar Blog

 

2. 歌いたくなる Martin

実はもともと歌うの大好きなぷんさんなんですが、ことアコースティックギターを弾いたり聴いたりするときは、どちらかと言うとギターインストを奏でるためのサウンドをイメージしながら、好みのギターを探すことが多かったと思います。

ただ最近ふと、歌モノ前提のギターも欲しいよなぁ…と思うようになりました。ギターインスト前提だとどうしても、ミドルがしっかり出て、芯のある音が前に飛び出していくようなフォーカスのきっちりしたサウンドに好みが偏りがちなんですが…

仮に歌モノ前提であれば、もう少しドンシャリ傾向で、コードトーンに拡がりを感じさせるようなサウンド、歌声を包み込んでくれるようなサウンドがあってもいいかなぁ…。

そしてこの手のサウンドとなると、もはやマーティン一択!(笑)

 

今年はいつもとはちょっと毛色の違う、歌いたくなるMartinを探してみようかなと…。そんなワクワク感満載の2019 春です♡

 

3. 伝説のマホガニー “The Tree” 

まずはこの杢目をご覧ください。

f:id:punsusan:20190202215759j:image

まずはGreenfield Guitars

 

f:id:punsusan:20190202215803j:image

そしてこちらは…

左: Santa Cruz Guitars

右: Jeff Traugott Guitars

 

このあっと驚くほどビューティホーな杢目たちは全て、知る人ぞ知る伝説のマホガニー材 “The Tree” と呼ばれるたった一本の巨木から製材された、スーパー貴重なホンデュラス・マホガニーなのです。

 

ちなみにどのくらい貴重かというと…

 

f:id:punsusan:20190202232903j:image

トラゴットのベースプライスは現在 $30,500なのですが、更に+$6,000のアップチャージ。ジェフが特別にストックしているプレミアムハカランダのアップチャージが$8,000で、それとほとんど変わらないというだけでも、この“The Tree” マホガニー材の希少性がわかります。ふむふむ。

そしてこの特別なマホガニー、噂によると一般的なホンデュラス・マホガニーよりもかなり硬質な特性を持っているようで、当然サウンドという面でも、スペシャルなマホガニーサウンドを生み出すポテンシャルを有しているらしいのですよ…。

 

例えばこのふたつのギターサウンドを…

 

youtu.be

 

youtu.be

 

これマホガニーですからね、マホガニー!

まじか!すげーーーー!!ほえーーーーーー!!!

 

 

 …ってなところで。

また次回更新でお会いしましょう♡

 

blog.punguitars.com

 

f:id:punsusan:20180929200750j:plain