ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

はじめてのMartin 40番台(③ 材選定はいつだってドラマチック)

前回からの続きです。

 

個人ルシアーなどにギターをオーダーする楽しみの1つに、『材選定』がありますよね。特にローズウッドやコアなど、杢目に個性のある材を使用する場合は、せっかくなら、サウンドだけでなく見た目にもこだわりたいと思いますよね。

 

かくいう私も、これまで何度か材選定の悦びを経験しておりまして…

 

f:id:punsusan:20190526080504j:image

Jeff Traugott Model R 用に選定したブラジリアンローズウッド(2018年4月完成済)

 

f:id:punsusan:20190526081207j:image

(ヒ・ミ・ツ♡)用に選定したブラジリアンローズウッド(2021年後半 完成予定)

 

f:id:punsusan:20190526081443j:image

製作者未定なのに勝手に選定しちゃった“The Tree” Mahogany

 

 

…そんなこんなで、もはや今となっては自他共に認める重度の『材選定中毒者』となってしまったわけですが、そんな材選定の悦びをマーティンのギターでも享受できる方法があるのです。

 

それが…

C.F. Martin Factory Tour!!!

f:id:punsusan:20190526090826j:image

 

国内のマーティン取扱店の中でも特に有力な店舗担当者のみが参加できる、年に一度のマーティン本社へのファクトリーツアー。

 

ただし、僕らのような個人ユーザー自身がこのツアーに直接参加できるわけではありません。僕らの代わりに、このツアーに参加するショップ担当者さんが、僕らのエージェント(代理人)として “渾身の材選定” を行ってくれるというわけです!

 

実際、昨年6月のマーティンファクトリーツアーにて、ワタナベ楽器京都本店 村主副店長が選定してくださった沢山の魅力的な材の中に、僕のハートを撃ち抜いたこんな材がありました…♡

 

f:id:punsusan:20190526091228j:image
f:id:punsusan:20190526091233j:image
f:id:punsusan:20190526091237j:image
f:id:punsusan:20190526091230j:image

 

どうやらこの材、同じタイプの材を狙っていた複数ディーラーさんで材選定の順番を決めるジャンケンに勝った村主さんが、当日用意されていた複数セットの中から真っ先に選定した、まさしく渾身の材だったそうなのです…

 

(*゚∀゚*)

 

そしてあれから、ほぼ1年が過ぎた先日。

渾身の材を贅沢に使用した、あのカスタムショップ製 マーティンドレッドノートが、遂に京都に上陸したのでした。

 

f:id:punsusan:20190526092310j:image

 

(続く…)

 

blog.punguitars.com

f:id:punsusan:20190526093142j:plain