ぷんギターズ Blog

ぷんギターズ【公式】のブログ。アコースティックギター、ヴィンテージギター、好きなことをぽつぽつと。ピエール・ベンスーザン、ジェイソン・ムラーズ、森山直太朗、ジュリアン・ラージが特に大好物

はじめてのNachoGuitars(①エイジド加工が細かすぎて伝わらないブラックガードテレキャスター)

NachoGuitars(ナチョギターズ)という聞き慣れない名前に初めて触れたのは、約2年前、2017年10月のこの記事でした。

blog.punguitars.com

 

スペインで製造されているこの風格たっぷりのソリッドギターを僕が知るに至ったのは、ジュリアン・ラージがこのギターをとても気に入って、主にライブを中心に愛用しているということを知ったから。

f:id:punsusan:20190728104553j:image

どうですか、この貫禄とオーラ…。塗装の風合いやエイジド加工のレベルが異次元すぎて、もはやどこからどう見たって、50年代前半のガチもんオリジナルFender Telecasterですよね。でも違うんです。これがNachoGuitarsなのです。

 

このオーラは、そう簡単に生み出せるものではないです。実際、NachoGuitarsのエイジド加工は、なんとなくそれっぽい感じにランダムに傷やダメージを入れるのではなく、Nacho氏が所有しているオリジナルブラックガード個体や、ブラックガード専門書を執筆した際に入手した膨大な調査資料や写真をもとに、実際のオリジナルヴィンテージブラックガード個体の傷ひとつひとつ、ダメージひとつひとつを、細かく細かく、忠実に再現しているという念の入りようなのです。

 

例えば…

f:id:punsusan:20190728131837j:image

ブラックガードの象徴でもあるピックガードへのダメージを再現。弦の真下はホコリのようなもので毛羽立ったような風合いになるオリジナルの特徴までもを…


f:id:punsusan:20190728131828j:image

指板エッジ部分の欠けたようなダメージを再現…


f:id:punsusan:20190728131833j:image

ネックジョイント部分の塗装の抜け方の違いを再現…


f:id:punsusan:20190728131831j:image

かの有名なネックヒール部のTadeo Gomez氏のイニシャルとデイトを再現。“D”スタンプも…

 

f:id:punsusan:20190728132913j:image

こちらも有名なネックポケット部の“D”スタンプも再現…。ネック側のラッカーがこびりついてうっすらとしか見えなくなったデイトも…

 

f:id:punsusan:20190728131815j:image

ピックガード下の日焼け前のブロンド塗装や、ピックアップ横のネイルホール(塗装作業のために空けたと言われている小さな穴)も再現…


f:id:punsusan:20190728131818j:image

ありがちなボトムエッジ部分の塗装の割れ、欠けを再現…。金属パーツにもしっかりダメージ…

f:id:punsusan:20190728131821j:image

ボディーのホーン(ツノ)部分のピックガード際の微妙な塗装の風合いも再現…


f:id:punsusan:20190728131825j:image

これまた有名な、電装系アッセンブリーを担当した女性の名前とデイトを記載したマスキングテープも再現…。配線材一本一本にまでも古びた風合いを再現…

 

ちなみに上の写真はすべてNachoGuitarsですからね!?50年代前半のヴィンテージFender Telecaster オリジナルブラックガードではありませんよ!?すべてNachoGuitarsの出来立てホヤホヤ新品の写真ですから!!!!

 

…ってちょっとこれ、冷静に考えると本当に途方もない作業だと思いません?ここまでやり切ることで初めて得られるあのオーラなんですよ。

まさしく『神は細部に宿る』とはこういうことなのでしょうね。いやはや、本当にため息が出るほどスゴイのです…。

 

f:id:punsusan:20190728105734j:image

ちなみにジュリアン・ラージはもともと、リフィニッシュの1954年製Fender Telecaster(写真右)を所有しています。このジュリアン所有のオリジナルブラックガードについての詳しい情報は過去記事にありますので、ここでは省略しますが、ご興味のある方はこちらのリンクからご覧ください。(→1953 Fender Telecaster オリジナルブラックガード【ジュリアン・ラージ来日記念】(前編) - ぷんギターズ Blog)

 

以前はライブでも、この1954年製テレキャスターをガンガン使用していましたが、さすがに稀少なオリジナルブラックガードを持って世界中のツアーを回るのはリスクが高いということで、数年前からはNachoGuitarsのテレキャスターレプリカ、その名も “Nachocaster(写真左)” を使用して、ヴィンテージテレキャスターばりのアメイジングサウンドを聴かせてくれています。


Julian Lage - "General Thunder" (Live in Nashville)

 

さて、このNachoGuitar創業者のNacho Banõs氏。めちゃくちゃイカしたスペインのちょいワル風オヤジで、NachoGuitarsのギター製作も、ご自身と数人のスタッフのみで行なっているそうです。

f:id:punsusan:20190728111500j:image

そしてこの人、冒頭に紹介した過去記事にも書いた通り、1950年代前半のFender Telecasterが好きすぎて、知る人ぞ知る“The Blackguard” というブラックガード専門書を出版してしまったという筋金入りのテレキャスターおたくでもあるわけですが…

f:id:punsusan:20190728122544j:image

※写真は製作中のNachoGuitarsに囲まれて最高の笑顔を見せるジュリアン・ラージ

 

今回改めて調べてみたところ、このNacho Banõs氏はそれだけにとどまらない、スゴイ人だということがわかりました。

 

どうやらNachoさんは、NachoGuitars社の経営およびギター製作は本業ではなく、あくまで趣味の延長線として行っているそうなのです。

 

じゃあ、本業は一体なんなのかというと…

f:id:punsusan:20190728111510j:image

なんとスペインのPlastinsa社というプラスチック加工会社のCEO、つまり社長さんです。

どうやらNachoさんのお父様がスペインでは有名なシリアル・アントレプレナー(複数の会社を連続して創業し成功させた起業家)だそうで、Nachoさん本人も、1994年にアメリカのビジネススクールを卒業した直後から経営を引き受けた年商5,000万円程度だったPlastinsa社を、今では年商10億円を超える規模の会社にまで成長させたという、凄腕の経営者でもあるそうなのです。

※出典はこちら→Rocking CEO » Everett Magazine | Boston University

 

更に、例のブラックガード専門書などの収益の一部は、世界の恵まれない地域での学校建設など、様々な社会貢献活動にあてているそうです…。まじかよ。なんだよ、かっこよすぎるよこのオヤジ。只者ではないぞ…。

 

そんなこんなで、なんだか色んな意味で、隠しきれない魅力が溢れてしまっているこのNachoGuitars。

このギターを知った2年ほど前から、いつか手にしてみたいものだとずっと思っていたのですが、年間製作本数は100本に満たないほどの少量生産。しかも、事前予約やカスタムオーダーは一切受け付けず、とにかくNachoさんが作りたいと思ったヴィンテージレプリカ仕様で、Nachoさんにとって最高と思えるサウンドのギターを自由に製作して、あとはそれを欲しいと思った人がそのまま買ってくれれば良い。故にあらかじめ納期を決める必要もなく、納得いくギターが出来上がった時が発売日…というような、ある意味とても清々しいビジネスポリシーでギター製作をしているそうなのですよ。

 

そんなめちゃくちゃ男前なギターが、既に世界中のヴィンテージFender好きのハートを鷲掴みにしてしまっているのか、1年に1〜2回ほどNachoGuitarsの公式ページで新品ギターが売り出されても、いつも数時間のうちにソールドアウトという状態で、買えた試しがありません。

中古の個体もごくごく稀にReverb.comで売り出されることがありますが、特にブラックガード仕様のNachocasterは、あっという間に、まるで蒸発するように売れてしまいます。なお、数年前から製作を始めたらしいストラトキャスターモデルなら、探してみると何本か在庫があるショップがあると思います。

 

そんな憧れのNachocasterが、少し前に大阪の三木楽器 梅田店さんに入荷したという情報が飛び込んできて、ぷんさんびっくり仰天。早速、ツイッターの関西方面にお住いのフォロワーの方に、入荷して数日後にインプレを聞かせてもらいましたよ…。

 

 

きゃーーーー!かっこいいーーー!!!

 

(続く…)

 

blog.punguitars.com

 

f:id:punsusan:20190728142442j:plain